Image by Nicholas Swanson

​診療内容

​院長あいさつ

院長

当院は、JR住吉駅南側よりすぐにある病院です。
診療科目は、整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・ペインクリニックです。
主に、急性腰痛(ぎっくり腰)・ヘルニア・狭窄症・分離症・スベリ症・変形性腰痛症・坐骨神経痛など、たくさんの患者さまの治療を行なっております。


患者さまとの心のふれあいと対話を大切に、安心して気軽に医療を受けられるクリニックを目指しております。
皆さまがいつまでも健康で楽しく生活できますようスタッフ一同努力いたします。

​整形外科

骨折

整形外科の基本的な役割は姿勢および運動器に生じる疾患の原因をつきとめ、治療することであります。
実際の整形外科の治療対象は主に腰痛・関節痛・肩こり等ですが、基本的な概念を忘れず治療にあたっています。

整形外科の主な疾患


◇骨折や脱臼、打撲、捻挫など外傷によるもの
外傷(けが)・骨折・脱臼・捻挫・打撲・靭帯断裂・腱断裂・肉離れ・半月板損傷・突き指・腱鞘炎 etc

◇膝の痛みによるもの
けが・感染症・リウマチ・痛風・変形性関節症 etc

◇肩凝りや首の痛みによりもの
頚椎症・頚椎椎間板ヘルニア・頚肩腕症候群・頚椎捻挫・頚腕症候群・肩こり・五十肩 etc


◇背中や腰の痛みによるもの
急性腰痛(ぎっくり腰)・腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・腰椎捻挫 etc

◇手足の痛み・しびれによるもの
バネ指・腱鞘炎・外反母趾 etc

​リハビリテーション科

リハビリ器具

リハビリテーションとは、患者様ができるだけ早く家庭復帰・社会復帰・スポーツ復帰が出来るように支援する医療です。
これからの超高齢化社会を踏まえ、運動器疾患すべての治療だけでなく、予防・自己管理にも力を注いでいます。

リウマチ・整形外科のほとんどの疾患が対象になります。


リハビリテーションという言葉は医療や福祉の分野で盛んに用いられ、かなり一般の人にも知られるようになりました。
運動麻痺のリハビリテーション、視覚障害者のリハビリテーション、精神障害者のリハビリテーション、職業復帰のリハビリテーションなど、リハビリテーションという言葉はさまざまな障害や事柄に対して使われています。
言い換えれば、リハビリテーション科とは、自分で動けない患者さんの治療です。


治療方法としては、運動療法、温熱、牽引・電気刺激などの物理療法、作業療法(日常生活訓練など)、言語療法、装具療法、義肢作製、薬物療法や、最近ではロボットを用いた機能回復も試みられてます。

リウマチ科

関節痛

リウマチはお年寄りだけの病気ではありません。

・朝起きたときに手足の関節が「こわばる」ように感じる。
・手や足、ひざや肩の関節に、痛みと腫れを感じるように思う。
・身内の方に、関節リウマチ・痛風と診断をうけられた方がいる。

 

以上の方々は、一度リウマチの検査を受けられることをお勧めします。